ハイローオーストラリアの教科書

Read Article

バイナリーオプション マッキーの節税対策方法

バイナリーオプション マッキーの節税対策方法

投資系の節税対策(上手に脱税!?)は皆様どうやっていますか?

20%の納税義務が発生

BOでも同じように得た利益の20%は納税の義務があるため(海外証券会社で得た利益も同様)

トレーダーにとっては悩みの種ですよね。。。 高いリスクを背負って神経をすり減らした勝負の結果得られる 利益から20%も納税するなんてお上は厳しすぎると感じる方も多いと思いますが、 国民の三大義務の一つなので仕方ないと自分にいいきかせるしかないのですかね!?

gf1420124918l_jpg

基本的には 給与所得者で年の所得が2,000万円以下であり、 バイナリーオプションや
FXなどの投資で得た利益が20万円以下である場合は確定申告をする必要はありませんが バイナリーオプションは雑所得に含まれるため、
雑所得の合計額が20万円を超えると確定申告をしないといけないですよね。
20万円以上の雑所得を得ているにも関わらず無申告だと 追徴課税(経験した方いられます?)

されるので漏れなく確定申告をする必要があるとの事。。
税金対策として出来ることはバイナリーオプションに関わる費用は経費として
計上出来るという点のみになりますが経費というのはバイナリーオプションに関する書籍の購入費、
インターネットの通信費、手数料等(う~ん 幅が狭い) 利益から経費を差し引くことで支払う税金を安くすることが出来ますので、
レシートや領収書は保管しておいて確定申告の際に経費にする事必須です!
20万円以下なら確定申告の必要はないと述べましたが、
利益が少ないまたは赤字の場合も確定申告をしておきましょう(ここが一番大事~)
というのも損益は3年間の繰り越しが出来るため、来年度の利益と相殺することが出来るのです。

バイナリーオプションで利益をあげられるにこしたことは ないですが、万が一赤字になったとしたら確定申告で
赤字を計上しておく方が来年度以降のためになります(これでマッキーも助けられました)
赤字を繰り越すことで来年度以降に支払うべき税金を安くすることが出来るますが、 確定申告をしていないと赤字を繰り越すことは出来ません。
ですので黒字であれ赤字であれ、バイナリーオプション取引をするなら確定申告をしておく必要があります(面倒ですが大事な作業)

マッキーの節税対策方法

税金、確定申告と稼いだあとのことも準備しておきましょう! と、ここまでがありふれた税金対策の解説になるのですが。。
ぶっちゃけた話はど~なの???(皆様の心の声にお応えして) マッキーは決してやっていないORできない対策の中で、
聞いたことがあるよ程度で紹介しますね~
① 年間1千万以上の利益をださなければ、そもそも税務署からは無視当然という都市伝説があるのでひたすら納税の義務は忘れる。
(追徴課税がきたら運が悪かったとあきらめる)

② 海外証券会社と銀行口座の入出金はネッテラーまでで止めて、日本の銀行は使わず海外にいって現金をひきだす。
(円に換えるときは手数料とられるけど)

③ 20万以下の利益であれば納税の義務はないので家族、友人のアカウントを作成し1アカウントを20万以下で使いまわす。(10アカウントあれば200万程は納税義務なしで運用できますね)

④ FXで年度末にむけて上下にポジションを持つ。マイナスがでてる方のポジションを年末に利益確定(マイナス分を出すという事)年が明けてからプラスが出ている方のポジションを利益確定。マイナス分を含めた申告になるので納税分が軽くなる。 皆様色々かんがえますよね~ 小心者のマッキー的には愛する娘の顔がちらついて、そんな大それたことはできないですが、これからも面白い税金対策ネタがあれば随時皆様に共有していきますね~

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top