ハイローオーストラリアの教科書

Read Article

RSIを使って相場を読む

RSIを使って相場を読む

RSIとは

RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのか計測しようとする指標です。 直近n期間の各時点における終値ベースの変動幅、つまり、上昇幅の累計と下落幅の累計を合計し、そのうち上昇幅の累計が全体の何%を占めているのかを計る指標です。
一般的には30%以下だと売られすぎ、70%以上だと買われすぎ
といった指標にされることが多いですが、これは誤りでRSIはトレンドの「強さ」を見るのに使うのがベストです。
70%を超えたから逆張りで売りにするといった手法だと過去のチャートなどを見ていただくとわかると思いますが、大損害を被ることがあるでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top